交通事故か、予見できるものか?

私の専門分野である源泉国際分野。法人税などとは異なる特徴があります。

税法としての特徴ではなく、税務行政としての特徴というべきでしょう。

法律も条約も改正されてもいないのに、

突如、執行で厳しくなる場合がある。

納税者や顧問税理士(詳しくない場合が多いですが)もびっくりするんですよね。

しかし、現実に私は何度も見てきました。

こうしたことは、予測不可能な交通事故なのでしょうか?

実は違うのです。

よくよくしっかり判断しておけば、税務リスクが予見できる場合があります。

そういう予見のもとに、保守的な取扱いをしておく。

もちろん、そういう対応に異論もあるでしょうが、

本税を追徴され、ペナルティを課されることを考えれば、どちらが関与先企業にとってよいことかは

どなたでもわかるとは思います。

ぜひ、専門の税理士の知見をご活用下さい。(了)

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事